博麗神社奇譚 霊夢RYONA陵辱

價格 $30 保密發貨,放心購買
  • 嵐の夜。神社に伝わる先祖伝来の 妖怪を封印した壺の結界が破れてしまい、 封印されていた妖怪達が巫女少女の前にその姿を現した。 巫女の封印術の効かない妖怪達は 積年の恨みを晴らすべく巫女少女に襲いかかる。 触手妖怪の指が巫女少女の陥没乳首に 突き刺さり、穿られ、強制勃起された乳首は弄ばれ、 憤乳絶頂してしまい、勃起した乳首を鬼に噛まれ激痛の中、 強制憤乳され続ける。 少女を襲う触手口は汚れを知らない少女の股間を弄り、 そのクリに噛みつき、 痛みと快感に打ち震える少女の子宮奥まで 入り込んだ舌は子宮内部を舐め尽くし、 少女は恥辱絶頂に果ててしまう。 触手に首締めされ、 その華奢な体を持ち上げられ、窒息寸前の少女は 胸を揉まれ、憤乳する乳首に針を突き刺され栓をされてしまう。 激痛の恥辱に絶望の少女の股間下には 揺れる三角木馬が迫り 木馬は容赦なく少女の股間に食い込み、クリを押し潰して その激痛に少女は失禁して気絶してしまう。 妖怪達の鬼畜陵辱は更に続き、 足を開かれ無防備なその股間に 鬼は腕の様に太い指を突き刺し、子宮奥まで手マンをし、 少女のおへそから体内に侵入した触手は子宮に巻き付き、 内臓内部と膣道から子宮を責め続けられ、 激痛と快感に痙攣絶頂する。 敗北の少女のアナルに鬼の巨根が突き刺さり、 口を強制フェラで塞がれ、 串刺し状態で喘ぎ苦しみ 尚もアナルを犯され続ける少女の子宮に 産卵触手が入り込み、 悲鳴を上げる少女の体内に大量産卵し、 アナル奥には鬼の高音精液を出され、 少女の内臓は破壊されてしまう・・・